Integrating investment and in-depth research.

上場不動産証券

ハイトマンは業界の中で最も経験が豊かな上場不動産証券運用会社の一社です。幾多の不動産並びに経済的サイクルを乗り越えた経験を通じて、銘柄評価やポートフォリオ管理手法を洗練させ、世界の機関投資家や個人投資家に運用サービスを提供しています。

  • グローバル投資戦略

    証券市場やREIT制度は、北米、欧州およびアジア太平洋の各地域で大きく異なるため、弊社のグローバル運用チームでは、北米、欧州、アジア太平洋の各地域に投資プロフェッショナルを配置しています。各チームは地域に根差した豊富な経験を有しており、これによりリアルタイムで様々な情報を入手し、それらを投資判断に生かすことが可能になっています。また、上場不動産証券チームは、他の投資チームなどのハイトマン全体のプラットホームからも手厚いサポートを受けています。特に、不動産リサーチチームから得られる専門的な知見は有益で、個別銘柄のリスクや投資機会を評価する際に役立てられます。

  • 豊富な経験

    各地域のポートフォリオマネージャーは、平均で20年を超える業界経験を有し、市場の拡大および回復期あるいは調整期にどのように対処すべきか、深く理解しています。彼らは優れた知見を培っており、これまでに経験してきた過去の市場環境を念頭に置きつつ、思慮深くかつ戦略的なソリューションを提供します。また、上場不動産証券専属の投資チームメンバーは、実物不動産の評価、不動産売買仲介、投資銀行におけるリサーチ、コーポレートファイナンス、世界的な金融機関でのファンドマネジメントなど、幅広い経歴を有しています。この、エクイティ、デット、不動産市場にまたがる幅広い業界経験を通じて、高水準の分析や深く幅広い情報網へのアクセスが可能になり、それらが最終的に投資家の利益に繋がっています。

  • グローバル投資哲学

    ハイトマンの運用手法は、ファンダメンタルズ分析に基づく綿密な独自のリサーチと「長期的に株価は企業が投資する不動産価値を反映し、かつ価値を創造することのできる企業が資本市場で評価される」との信念に基づいています。しかし市場は非効率であり、株価は一時的に本源的な価値から乖離します。

    上場不動産証券業界にて数十年にわたって得た知識をもとに、ハイトマンは、市場における株価の非効率性を明らかにすることで、より優れたリターンの獲得を目指します。ポートフォリオの構築には、ハイトマン独自の二つの優位性が生かされています。

  • 実物不動産の専門性

    上場不動産証券チームは、ハイトマンの相互に補完するビジネスプラットフォームを通じて、実物不動産市場における細かな動きについてより深く理解することができます。独自の評価モデルを利用して、各銘柄が投資している不動産を含め、投資対象となる企業価値を効果的に評価します。

  • 上場証券市場における洞察力

    現地における専門性と幅広い経験を有する投資プロフェッショナルが、投資家に優れたパフォーマンスを提供します。投資チームは、それぞれが担当する市場で、戦略的かつ時宜にかなった投資判断を下すことができます。

グローバル運用総額

  • 50

    億ドルの資産を運用

    2021年 6月30日現在

上場不動産証券における25年を超える経験をもとに、様々な投資家の投資目標に見合う思慮に富んだ投資ソリューションを提案しています。

我々が現在提供する投資ソリューションは以下の通りです。

グローバル戦略

ハイトマン・グローバル不動産証券戦略

世界の不動産に効率的に投資する手段を提供する運用戦略です。ハイトマンは、実物不動産投資における知識と上場証券市場における経験を組み合わせた投資プロセスを通じて、株価が適正価値から乖離している銘柄を特定します。主にFTSE EPRA/NAREIT先進国指数(FTSE EPRA/NAREIT Developed Index)をベンチマークとして運用しており、個別口座および集団投資信託スキーム(CIT)を通じて当戦略を提供しています。

ハイトマン・グローバル・プライム戦略

世界の主要都市に所在する最優良物件に対するエクスポージャーを追求した、ベンチマークを意識しない上場不動産証券による分散運用戦略です。

北米

ハイトマン米国不動産証券戦略

米国不動産証券戦略は、米国の不動産に効率的に投資する手段を提供する運用戦略です。ハイトマンは、実物不動産投資における知識と上場証券市場における経験を組み合わせた投資プロセスを通じて、株価が適正価値から乖離している銘柄を特定します。主にWilshire米国不動産証券指数(Wilshire US Real Estate Securities Index)をベンチマークとして運用しており、個別口座および集団投資信託スキーム(CIT)を通じて当戦略を提供しています。

ハイトマン米国不動産証券集中戦略

米国不動産証券集中戦略は、米国の不動産に効率的に投資する手段を提供する運用戦略です。ハイトマンは、実物不動産投資における知識と上場証券市場における経験を組み合わせた投資プロセスを通じて、株価が適正価値から乖離している銘柄を特定しており、当戦略では、個別銘柄に対する確信度を高めアクティブシェアをより高く維持します。主にWilshire米国不動産証券指数(Wilshire US Real Estate Securities Index)をベンチマークとして運用しており、個別口座を通じて当戦略を提供しています。

ハイトマン米国リート優先証券戦略

良好な財務基盤を持つ上場不動産会社が発行する優先証券で構成された、利回りの高い運用戦略です。

我々は、市場の進化に応じて自身を進化させ、投資家のニーズを満たす革新的な投資ビークルを通じて投資戦略を提案します。

我々が現在提供する投資ビークルは、以下の通りです。

個別口座

ハイトマンの投資チームは、上場不動産証券個別口座を1989年から運用しています。業界の中でも最も経験のある1社として、従業員一人一人が顧客と強い関係性を構築すべく日々努力を重ねています。

 

UCITS

UCITSファンドは、オープエンエンド型の投資ビークルであり、複数の投資家から集めた資金を譲渡可能な有価証券に投資することができます。機関投資家、個人富裕層といった様々な属性の投資家が投資可能であり、UCITSファンドを通じて日々の流動性を有する不動産戦略を提供しています。

 

詳細な情報をご覧になりたい場合は、ハイトマンUCITSのウェブサイトをご覧ください

 

CIT

CIT(集団投資信託スキーム)は、米国における401(K)や同様の退職年金制度向けの商品です。ハイトマンのCITは、一般的な退職年金制度では通常活用されていない、魅力的な分散投資機会を投資家に提供します。このビークルは、実物不動産投資戦略でも利用されています 。

 

投資戦略に関する詳細な情報をご覧になりたい場合は、「ソリューション」のページをご覧ください。

ハイトマンの上場不動産証券運用チームのメンバーは、業界のリーダーとしての地位を確立してきました。我々が現在の市場の動向をどのように捉えているかをお知りになりたい場合は、以下の記事をクリックしてください。